記事一覧

欲とは生命が持つ根源的なものだ生きるために食らうそれが欲であるゆえに欲自体は善でも悪でもない欲は唯の欲でしかなく、欲があるから害であるとは限らないのだ何かを欲する心これがなければ、生命として生きてはいけないだろう欲を憎む必要はないでは、ヒトはどうであろうかヒトも生命であるから何かを欲するそれは生命として当然の行為であるだが、ヒトとは思考できることがヒトたらしめる他の生命を想えることこそがヒトなのだ...

続きを読む

業とは何か宗教用語であるが、これほど的を得た言葉もないだろう業とは行いだ自ら、または種族による行いなのだであるから、己の業とヒトの業は異なるヒトは生まれながらに罪を犯しているこれは過去から続く業のことだ金という玩具に振り回され、生命を食らいもせず虐殺する生きるためと言いつつ、生命を効率で語り家畜とするヒトが頂点だと思い上がり、自らを含む生息地を破壊するヒトのみがよければ、何をしてもよいと考えるこれ...

続きを読む

特性

ヒトの特性から悟りについて語ろう現代人は映画、小説、漫画、動画を好むだが、何故唯の布、唯の紙、唯の板に対して想いを馳せることができるその理由が分かるかヒトは、他の生命とは異なり脳が発達した特に前頭前野がそれにより思考能力を手に入れた過去、現在、未来に対して思い巡らすことができるようになった星の裏側に対して思い巡らすことができるようになったつまり、ヒトは時空を超えることができるのだこの世ではなく、あ...

続きを読む

悟り

この世から悟りについて語ろうまずはこの世、つまり物理世界を見てみよう科学により、全ての物質は素粒子から成ることが判明した手に取れる物体も、手に取れぬ空気も、全ては素粒子から成る目の前にあると思っている全てのモノは、実は素粒子から成るのだ己も素粒子から成るであるのなら、己とモノとの垣根はない己と糧との垣根もない今、目の前にある全てのモノが素粒子から成る己と他者も全てが素粒子から成るでは、このような状...

続きを読む

選択

この世は選択の日々であるだが、その選択が本当に己の意思であると自信を持って言えるか己のみを拠り所として選択したと言えるか現代は娯楽で溢れているつまり、煩悩で溢れていると言えるのだアレが欲しい、コレが欲しい己の意思が欲に染まり、まともな判断すらできぬ者それが現代人であるだが、欲に染まろうとも己の意思で生きている自由意思は個として持つべきものそれが生命としてのあるべき姿であるのなら、自由意志は尊重すべ...

続きを読む

プロフィール

倉糸星次

Author:倉糸星次
生命の癒し手

宿命
癒し、浄化、愛

対象
全生命

ヒトに対する効果
生まれ変わり、生命力の活性化、病からの快復


ヒトは既に、淘汰されるべき段階へと至っている

だが、次世代の生命には癒しが必要だ

今のまま生を終えるのか、新たに生まれ変わるのか、それは己で決めるといい

生まれ変わると決めた者には癒しを、そして知恵を与えよう


癒しを求める者は
skuraito@gmail.com

最新コメント

月別アーカイブ